クロゴキブリがもんぺえ

看護師は、他業種と比べても給金は良い方ですが、それでも、さらに良い収入を得るためにWワークをしている人は割と多いです。病院以外の働き口も看護師には多く、ツアーナースやイベントナース、健康診断、人間ドッグのサポートというような単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、Wワークをしようと思えばできるのです。ただ、本業の医療機関において副業をしないように、というお達しが出ていることがあります。そして、大体、本業自体がとんでもない激務なのですから、あまり無理をしてまでダブルワークを行うのは、良くありません。病院では、看護師が一日中途切れないよう、交代制という形の勤務になりますが、そのため、申し送りを行なうことにしている病院は多いです。入院患者さんの状態、変化、医師の指示など、看護師が把握しておくべきことについての諸々をこれから勤務をスタートさせる人へ、口頭にて伝えることになっています。大事な情報が含まれますから、相手が理解できるよう話すことが大事です。また、申し送りに時間をかけると、その間に人手が減ることになりますから、要領よく、そして素早く行うことも重要な点になるでしょう。一般に、看護師の仕事のハードさについてはよく認識されています。病棟勤務に従事していると、重症の患者さんを担当することもあり、容態の急な変化もありえますし、食事の介助など、身動きの難しい患者さんのお手伝いも看護師の仕事です。予定のなかった緊急手術が、急に行われることになったりもしますし、スタッフの数が少ない夜間に幾度もナースコールが鳴り、駆け回ることもありますし、目が回るほど忙しい日もあるでしょう。医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば文字通り24時間を2分割する2交代制、3分割する3交代制によりもれなく夜勤業務に入ることになるでしょう。夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて現場から医師や看護師も減ってしまいますし、それなのに、夜半に容態が急変した重体患者が出たりなど、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。もちろん通常業務もおろそかにできませんから、結果として夜勤の作業量は、日勤よりも多くなる場合がほとんどです。それだけではないにしろ、看護師を志望するモチベーションの一つとしてとても現実的な理由としてお給料を多くもらえるということがあると思います。働き始めて最初の給料を鑑みても、ほぼ同じような年齢の、一般的な会社に勤めた人達と比べた時にも収入が高めだといえるはずです。ただ、このようにして高収入を得ているのですから、自分の腕を磨いて、少しずつでも患者さんに対して還元していく使命があります。看護師個人の都合などによって、常勤や派遣といったように働き方を選べたりもしますが、大半の看護師は病院で働いています。もちろん、その他のところでも、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、大きな企業内にある医務室、保育園の保健室、あるいは介護施設や市の保健センターなどになります。こうした職場で看護師として腕を振るう人も大勢いて、人気のあるところなどは、採用されることが難しい場合もある、ということです。こうして、病院に限らず働く場所も多いですから、ライフステージに合わせて転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。免許が必要な専門職である看護師は常に人手を探しているところもある程、需要の多い職業です。なので再就職を希望したら、それはすぐに実現できるでしょう。しかも、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。ネット環境があれば、簡単にアクセスできる看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどが増えてきていますから、活用しつつ、優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。普段から大変な仕事量をこなしているところにさらに、規定の労働時間以外にも仕事がたくさんあって、残業を強いられることがままあります。ですが、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしてもぱっと笑顔を作れるのですから看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。能力評価では、自分の看護師としての能力が、どんな段階にあるかがわかります。これを行なう病院がかなり増えました。看護師の個々の能力を、間違いなく測り、評価できるように、指標をはじめから作っていったところもあります。能力評価は、月々に行なう所や、年に一度だけ、という病院もあるようです。看護師は、こうして定期的な評価を受けることで、次回の評価までにこうしたい、という目標ができますし、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。知らない人が聞くと、暗号のような業界用語ですが、看護師の間で通じるそうした用語に「今からエッセンです」などという風に使う言葉があります。何のことか見当がつきますか?食事をとってきます、と勤務している他の人に知ってもらうために普段から使用されているようです。このエッセンという言葉自体には、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。この業界では昔、ドイツ語の単語や用語が多く使われていましたので、その影響です。何であれよく使われ、親しまれている用語です。日夜、看護師として厳しい仕事を続けていると、数えきれないほど大変なこともあるでしょう。そのうちに、どこが楽な病棟なのかについて頭の中で検討していても、おかしなことではないでしょう。ちなみに、それほど激務でもないと考えられている病棟は、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。ところが、専門性の高さですとか、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、業務のハードさについては差があります。今以上に自分の看護師としてのスキルを上げたいと希望するなら、どうすればいいかというと、地味ですが、経験を積み重ねていくしかないでしょう。万能の取扱説明書があって、それを覚えれば大丈夫というような生やさしいものではありません。ですから、たゆまぬ努力と、研鑽を重ねていくしかないのです。向上心の強い人などは、もっと学びたいという気持ちから転職を希望する場合があります。大学病院など、高度な医療を行なうところで看護師スキルをさらに底上げを図ろうとする、意義のある職場変更と言えるでしょう。数年間、専門機関で学んで資格を取得する看護師は、言わずと知れた看護のスペシャリストであり、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。自身の結婚、出産あるいは転居など個人の都合にあわせるために職場を変えるケースも多いのですけれど、転職する人の中には、看護師としてもっとスキルを磨きたいがために、転職を望む場合も少なくありません。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ転職させてもらえないことだってあるかもしれません。今よりもっと専門的な看護の知識を得たい、とか、公立病院が担うような、救急の患者の看護に挑戦したい、などといった志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。働き方の違いで、看護師であっても収入に差が出ます。正社員として勤務していると、給料は月給制ですが、これがパート勤務であれば、多くの場合、時給計算で報酬が支払われます。具体的な金額としては夜勤なし、日勤のみだと1300円から1800円といったところが世間の相場みたいですね。これを単純にパートの時給とみるとなかなかの数字なのでしょうが、人の命に関わる責任の重さや心身両方に負担のかかるハードワークを思えば、どうしても安く感じてしまいます。看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。外来勤務が忙しくなるかどうかは、病院による部分もありますが、人気のある診療科や医師のいるところでは多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかは診療科や病院によってもかなり違ってくるでしょう。特に90年代の終わり頃でしょうか、労働環境のあまり良くないきつめの肉体労働、という風に看護師という仕事は人々に捉えられていたようです。でも、今現在においては、困難さがあるのは職業柄当然として、看護師はそれに相当する給金の獲得が可能であるといった事実について、急激に周知されてきているようです。その給料についてわかりやすい例を挙げると、女の人であっても、その稼ぎでもって、世帯の維持が可能なほどなのです。今更言わずと知れたことではありますが、給料の高い専門職だということです。以前辞めた職場にもう一度職を求めてやってくる、そんな出戻り看護師は大勢います。そんな風に、出戻ってこれるのかどうかは辞めた当時、どういった状況だったかで違いがあるようです。よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、出産を機に辞めた、といったような場合だと、心理的にも、職場にとっても出戻りは簡単でしょう。こうしたケースは、実際にとても多いようです。家の事情などによって、夜勤が無理なので日勤業務だけのパート勤務を希望し、働くために出戻り就職をした、というケースもよくあります。新しい看護師として、初めて病院で働くことになった際に、どこに配属されるかは大変気になりますが、面接の際の希望をほぼ聞き入れてくれるケースも多いですが、人事担当者の考え次第で決定に至ることもあります。人員配置については、病院側の持つその人のデータから、そこが適任だと評価され、検討された結果であることがほとんどでしょう。それでも、その人材配置に納得いかず、仕事に身が入らなければ、部署の上司にそのまま伝えてみて、アドバイスを求めることもできます。勤務時間について、看護師というお仕事には、少し厳しいようなイメージがあるかもしれませんが、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。それもこれも、シフトがどうなっているかによりますが、時間単位でとれる休暇である「時間休」をとりやすい職場なので、小さな子供がいる人でも無理のない働き方が可能である、と思えるようです。小さい子供がいると、何かと急な休みなどが多くなってしまいますが、それでも都合をつけながら、やっていくことができているのは、勤務時間を調整しやすい看護師という仕事だからこそ、なのかもしれません。基本的には、勤務時間は8時間というのが普通です。日夜、仕事に打ち込む看護師の給料は、他業種と比べると高めですが、個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。退職時につく手当、退職金はどうかというと、公的医療機関であれば、勤続年数や、どのような立場で仕事をしてきたかなどにより金額が決められていて、それなりの額を受け取ることができるようになっています。翻って個人病院の状況ですが、病院によっては退職金の取り決めさえない場合がありますので、とにかく最高責任者である院長先生の考え方一つ、といった面があります。決められた額の退職金を確実にもらいたいなら、公立病院を選ぶと良いでしょう。医療の現場に携わる仕事とあって、看護師はなかなかリラックスできる暇などなく、そのために自覚の有る無しに関わらず、ストレスを溜めていることが多いです。ということは、身体的にかなり厳しい仕事なのに、心にも大きな負担がかかるということになります。そうして溜めこんだストレスを解消させるメソッドを知り、実行しているかということも、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら重要視した方が良いようです。看護師の資格のある人は法律では、医師が診療をする際に、その補助を行う存在です。基本的には医療行為を行うということは認可されていませんが、医師の指導の下であれば認められている医療行為もいくつか存在します。ただ、患者さんの容体が突然変わってしまったり、緊急事態には、看護師の経験や知識にもよりますが、医療行為も少しぐらいは認められる必要もあるのではないかと考えます。大きなやり甲斐を得られ、また社会的にも有意義な看護師という仕事ですが、この仕事ならではの悩みもまた、大きいようです。挙げるとキリがありませんが、まず仕事のハードさは言うまでもありません。そして、勤務時間の問題もあります。24時間対応が求められる故の交代制で、不規則であることも多く、なにしろ医療に関わる訳ですから、その緊張感も半端なものではないでしょうし、そこでスタッフ同士の見解の違いなどから、ぎくしゃくするようなこともあるでしょう。そんなお仕事だとわかっていながらも看護師を選択しようとしている人が多いという現状を見ると、そういった面をプラスマイナスゼロにしてもいいと思えるくらいに大きな満足感も得られる仕事なのです。学校卒業後、ずっと同じ病院で勤務していますが、気がついたことと言えば、看護師は喫煙者が多く、また、アルコールを好む人も多いのです。タバコが有害という認識が広まったこともあって、看護師の喫煙率も多少減ってはいるようです。でも、それでもまだ、喫煙者はかなり多いです。アルコールの方ですが、たまに行われる飲み会などでの皆さんの酔っぱらい方は堂に入っているといいますか、少なくとも白衣の天使というイメージは皆無です。こうなってしまうのも、いろいろとギリギリまで溜め込んでのことでしょうから、たまの機会だし、発散しきれるものなら、そうした方がいいのかも、とも思うのでした。医師の仕事と看護師の仕事の間の、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。大きく言うと、お医者さんは患者さんの診察を行い、適切な治療を行い、予防のためのアドバイス、適切な薬を出すことが主な業務とされます。それに対して、看護師は、お医者さんに従い、医師が行う診療の補助を行い、患者さんの医療的、心理的援助を行うといった仕事内容になります。オン、オフの期間を調整できて、希望に沿った仕事を多くの中から選べるのが派遣という形で働く看護師にとっての、大きな利点ではないでしょうか。仕事は、単発のものや短期のもの、もちろん長期の募集もあり、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、仕事を探しているけれど、条件にぴったりくるものがなさそうな場合は派遣で働いてみることも一応考えてみながら求職してみても良いのではないでしょうか。妊娠している可能性のある看護師には、特に気を付けてほしい事として極力、放射線を浴びないようにすることです。エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、油断は禁物です。それから、薬についてですが調整や投与など、薬の曝露に遭いかねない機会は意外と多いので、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、知らないうちに無理を重ねて、結果として流産に至った、という話も珍しくありません。自分は大丈夫、という根拠のない自信は禁物です。必ず適度な休憩を取るようにします。新卒で勤め始めた新人看護師や、転職によって新しく働きだした看護師に、通常支払われるはずの残業代についてちゃんと払ってもらえないことがあるようです。ところで、雇用側が雇用者に残業代を払わないというのは、新人だということは何の言い訳にもならず労働基準法に反した行為です。残業は賃金を支払う対象になる労働ですから、こなした分はしっかり、働いた人に支給されるべきでしょう。ケガをしたり病気になる確率は年を取ると高まります。社会が高齢化していることもあり、この何年か特に医療機関を利用する人口が増加しています。なので、病院で勤務する看護師についてもどれだけいても足りないという程、看護師が足りなくて困っている、という病院はたいへん多いのです。ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、求人募集がとても多いということでもあり、看護師は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるという良い面もあるのです。看護師になって最初に勤めた病院では、人間関係に悩むことになり、結局辞めてしまいました。その時、自分にはもっと向いた仕事があるかもしれない、などと迷ってしまったのでした。ずいぶん悩んだのですが、それでも自分には看護師しかないようなので、転職することを決めたのでした。それはいいのですが、履歴書の書き方でかなり手を焼きました。スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、こうかな、違うかな、などと考え考え書いたのですが、もういい大人なのだから、何か起こった時は自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだと理解できて、いい勉強になったと思っています。