小野寺だけど富岡

AGA(旦那クラス抜け毛症)の手当て施策や加療には、「全国スキン科学会」というところでまとめたAGA手当ての指標において型組み込みされている場合がほとんどです。全国スキン科学会で定めた指標の型に因ると、A状態に相当するのが「行なうみたい激しく求められる手当て施策、加療」であり、B状態に相当するのが「立ち向かうみたい求められる手当て施策、加療」となっています。

ちなみにC一段は「行うことを考慮しても良しが,十分な根拠がない手当て施策、加療」、C2状態が「根拠がないので求められない手当て施策、加療」、そしてD状態が「止めるみたい求められる手当て施策、加療」というふうに分類されてある。ここでは、B状態の「行なうみたい求められる手当て施策、加療」について検証していきたいと思います。

AGA指標の中でB状態に相当する手当て施策の仲間が、「自毛植毛」だ。多分社会的知名度という意味では大いに上位に位置づけられる手当て施策であると思われます。B状態に型されているということは、それだけ社会的にも認められているということを意味することになります。

では、どうしてここまで有名になって、社会的ジャッジメントも一定以上のものがあるにもかかわらず、自毛植毛が「B状態」にとどまってしまうのか、これについてはいくぶん不思議な気がします。何しろ「自毛」なのですから、基本的には「A状態」のフィナステリドやミノキシジルのような「反発」は考えられません。ですから、大丈夫については本来であれば、A状態の加療よりも高いと考えてしまいがちだ。

しかし実際、自毛植毛による事故がとっても無いわけではないのです。どうしても自毛植毛の症例、どんなに自毛ではあっても、「植毛」というある種の力抜けが訪れることになり、その返事として、周辺の髪の毛まで抜けてしまったなどという体制も枚数形態報告されていらっしゃる。

あるいは、植毛したポイントがほんの1~2か月の間にすべて抜けてしまったなどという事故も報告されてある。ですから、反発とはまた別のリスクも延々と起こってしまう可能性があるという観点で、A状態入りが現下見送られているというのが実際のところです。

とは言え、A状態の手当て施策、加療でも事故は起こりますので、自毛植毛が「小さい戦術」というわけでは実にありません。やっぱり、今後の才能の発達次第では、A状態入りを果たし、フィナステリドやミノキシジルによる手当て以上のジャッジメントを受け取る可能性もあるのです。